稲垣潤一

2008.07.19

「めぐり来る日々よ、ぼくらを離さないで」

Junichi Inagaki Live 2008 “たったひとりの君へ・・・”~リクエスト・ライブ~@赤坂BLITZ。
稲垣潤一さんのライブ。
ファンクラブにも入ってないので、席は2階の後ろも後ろだったけど、7月19日。
私とダンナの誕生日なので、その日が取りたかった。

赤坂サカス(赤坂いつのまにかすごいことになってましたね)で2杯ほど引っかけて参戦。モヒートは夏に合う。スキ。
軽く酔っているので「うちらかなり若い方じゃない?」とダンナと肩をたたきあう。
ロビーにNHKの「SONGS」から花が出てたが、これからやるのかな?というか、是非やってほしい!念!

(以下、ネタバレ含みますので注意)


・・・トーク、かなりがんばってましたね!?
東海ラジオだったかの深夜ラジオDJ時代を思い出したよ・・・
今までは「会場をバリアフリーにするのでまた来てね」的な少しOLDめなトークが、浮世を忘れたくてライブに来てる身には辛かったのだが、今回は現役感あふれててとても良かったです。
もっともっと聴いていたかったです。

「蒼い追憶」から「バハマ・エアポート」、夏らしくさわやかでわくわくしました。
最初、低音どうかなと思った部分があったんですが、ライブ進んでくると全然気にならなくなり。
そして、夏っぽい選曲がかなり嬉しかったですね。
「She is a star」「April」などの秋元ぶし、「オーシャン・ブルー」でユーミンの時を越える天才っぷりなどにも感動していたりしたら、時間があっという間でした。
あっという間ですが「エスケイプ」も聞けたし、「1.2.3」で跳ぶこともできました。
ありがとう、楽しい時間を。

思ったんですが。
ちょっとダメになってる、弱ってる男の歌詞世界を歌わせると天下一品ですね・・・
そこもツボだったらしい。

めぐり来~る日々~よ、ぼくーらを・・・

---

今回は前泊も後泊もしたんですが、後泊したほうの「ANAインターコンチネンタルホテル東京」はかなりバブルっぽい雰囲気のホテルですねぇ・・・(嫌いじゃなくてほめコトバです)。朝食も布ナプキンだもの。
ついまた上でモヒート呑んじゃった(ベリーモヒートが美味い)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.21

「遠い忘却の彼方へと消えて」

稲垣潤一アコースティックライブ2007@ノバホール。
ありがとう、つくばに来てくれて。
いや~、しみじみ良かったですねえ・・・!

今回の大発見。
初期のアルバム曲は、私、稲垣潤一さん本人よりも聞き込んでいるかも?
なんて。歌詞を間違える&棒立ち&トークがそんなにうまくなくても、あの声とあの歌詞世界を堪能できればもうもう十分OKなのです。

今回良かったのは、ドラムしながらの「ドラマティック・レイン」&「エスケイプ」。
「エスケイプ」でファンになったから、超、感慨深かったです。
これ今調べたら1983年リリース。小学生のころ聞いて痺れていたのね?!

あと「愛は腕の中で」。秋元康&林哲司両氏のべたなラブソングがこう、、、今聴くと最高です。
「あ~あ~♪」の母音の響き方がこう、綺麗なんですよ。
「大人の夏景色」も、生で聴くと「あのこ~ろと違う~」の「あのこ~ろ」が本当にあの頃を想起してしまうんですよね。響きが美しいです。
「こんなにも愛してた」は古内東子氏なのですね。これも初めてじっくり聴いたけど良い曲でしたね。

音響どうかなーと思った部分もあったけど、席の場所のせいもあっただろうな。
生ピアノも使って、ジャズっほいアレンジも楽しいものでした。

しかし、つくばだとカイシャ帰りに行けるのはいいけど、こう知り合いの多い土地ではいまいちはじけられなくて(照)残念。「1・2・3」で跳べませんでした(照照)。会場も三年前に行った渋谷よりはしっとり系でした。

今度は夏に東京で大人ポッフス系をお願いします(念)
「風のアフロディーテ」とか「Blue Flame」とか、、、
「Everyday's Valentine」そうするとこれは冬っほいか。
作詞作曲者がこんなヒトなんだよ、という話やバブル時代の秘密のエピソードなんか話してほしい(念念)

ああ、、、今回もまともなレビューになってません。でもファンってそんなものかも・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.14

稲垣潤一ライブ!(ネタバレ、非常に注意)

いやー、どういう客層なんだろ?
稲垣さんのライブは初めてだし・・・
と半分おののきながらの渋谷AX。

最高でした・・・(*^_^*)(T.T)(*^_^*)

私は初期の稲垣さんしか追ってなくて、
あと最近の2枚しか持っていないんだけど、
全然大丈夫、というより、初期稲垣ファン寄りだったような。

この間実家に戻ったとき、カセット(笑)をこっちにもってきて、
シゴトでの移動の合間に車で予習をしてたのも功を奏しました。
初期8thまではけっこうカンペキなのよね・・・
(かろうじて「Mind Note」「EDGE OF TIME」だけCDでもってた)

情景を浮き立たせるような詞と、
声域が生きるメロディ。
鼻にかかる部分とかからない部分の発声の絶妙さ。
そして、その良さを知った上で、
「今」をスパイスするアレンジャー、斉藤ノブさん。
バンドサウンド。
「今」の「私」にもキました。

本当は、懐かしさとともに、少しのかなしさも
来ると思っていたけど、違った。
未来を向いたサウンドの気持ちよさだった。
嬉しい。

「ジンで朝まで」とか「MARIA」とか、聴けると思ってなかったよ。
「彷徨える街」~「ジンで朝まで」で「こうきたか!」って
ぐっと掴まれて。
「微熱少年」、かっこよかったです。
「フェード・アウト」、ライブ版で聴いて憧れてたんだ~
アンコールの「時を越えて」は泣きそうになりました。

だめだ、完全にはまりすぎてまともなレビューになってません(^^;)

当日は「小田急ホテルセンチェリーサザンタワー」に宿泊。
新宿は、もうクリスマスイルミネーション。
夜景を見ながら、余韻にひたりまくる。

小娘だったminanaoに教えてあげたい。
稲垣潤一さんの世界に憧れていた当時、
ちゃんと大人になれるか不安だったけど、
大人をやれてますって、

教えてあげたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.12.07

「スロー・ソングス」

今なぜか、稲垣潤一が自分の中でリバイバルしている。
なんでだろう?
私の昭和歌謡って感じ?

私が彼にはまっていたのは中学~高校の頃。
「エスケイプ」って曲を聴いて、
「なんて大人な世界なんだろう!私も大人になったら
 男を軽くあしらう、こういう女になるんだ!」
と決意したり。

秋元康とか湯川れい子、売野雅男がバブル時代に書いてた世界ですね。
女性が強く、結婚に縛られない。
自由とバランス。
遊びで寝ることもある。

その決意が、自分の人生にどんな影響を与えたかというと、
全然与えてない気もするけど、
時代の空気みたいに当時の自分にまとわりついていた気もする。

ファーストから8枚目のアルバムぐらいまでは
どっぷり聞いていた。ラジオも聴いてた。
大学に入ると、恋愛が憧れの域を脱したので、聴かなくなって(照)。
クリスマスソングが売れていた頃は、引いてみていた感じ。

最近なぜかまた火がついて、ネットとか彷徨ってる。
80年代AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)というくくりなんだそうだ。
今あらためて聴くと、やっぱこの人の声スキです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)