« 継承、その他 | Main | 人の記憶はかくも適当であってほしい »

2010.11.22

定点観測列車がゆく

自分ながらの、自分の状態をみる定点観測の軸を、皆がもっているとおもう。

私のそのうちのひとつは"「若草物語」を読む"ということだ。
云わずとしれたオルコットの少女小説である。
一年か、二年ぐらいのスパンで、ふとした時に読みかえす。
この空気、シチュエーション、登場人物の誰に共感するか、パイと死と愛、少女の頃夢中で見つめた物語、世界の切れ端を見返してみる。

似たようなかんじで、田辺聖子の「むかし・あけぼの」も読み返すことがあるが、読み返す歴史の長さから行くと、やはり「若草物語」にまさるものはない。
どちらにも共通するのは、女の人生の物語であるということ。
この間電車の中で久しぶりに定点観測しようかと思ったけど「武道的思考」がおもしろすぎて、帰りに「身体知」買ってまた読んじゃったから未遂に終わっている。
今年中に、もう一度読もう。

内田樹著「武道的思考」筑摩選書の中の一節。
"「同じルーティンの繰り返し」をしていると、わずかな兆候の変化から、異常事態に気付くことができる。"
確かに。スパンは長いけど、自分に異常がないかの確認作業になっているというか。

---

この間弥生美術館に「水森亜土展」観に行って、懐かしモノや懐メロ聴いたり、見たりするのがなんでこんなに気持ちいいのか考えていた。
やっぱり、差異やズレ、昔それに触れていた時の自分の感じ方、考え方との違和感が気持ちいいんだよね。
それは何らかの積み上げがないとできないことで、やっぱり年寄りじみたタノシミなのだろう。

でも、赤ちゃんのような気持ちで、あたらしいものに触れる気持ちも大切にしたい。
痛かったりかゆかったりするかもしれないけれど、それに耐えられるうちは手を伸ばすのを忘れないようにしよう。

|

« 継承、その他 | Main | 人の記憶はかくも適当であってほしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

riko先輩も?!嬉しいgolf
たまに読み返すのは本当にいいですよね。

「風と共に」は映画しか見たことなかったです。
「もう決して飢えないわ」というところがスキですね。

Posted by: minanao | 2010.11.28 at 08:05 PM

激しく共感して、思わず書き込み!

私も若草物語は、私の本読みの原点。

何度読み返したことか。子どもの頃読んだものはかなりの簡易版だったことを高校生になってからしって、ちゃんと全文を読み、続編も読みつくしました。

あと、わたしの場合は、『風とともに去りぬ』が定点観測としてもう一冊かな。

自分の年代ごとに、スカーレットに感情移入したり、メラニーに感情移入したり・・・。自分の目線がかわると本の面白さの部分が変化するのは興味深いね。

久々に若草物語読んでみようかな・・。

Posted by: riko | 2010.11.24 at 05:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/50103866

Listed below are links to weblogs that reference 定点観測列車がゆく:

« 継承、その他 | Main | 人の記憶はかくも適当であってほしい »