« 「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 | Main | 秋三景 »

2009.10.25

いとしの地元めし

たいへん目のシゴトのあとにお楽しみをセット。いざシゴトを終えて名古屋へ。
今年はお盆も帰ってなかったしね。
遊んでくれた皆様、本当にありがとうね(^^)/~~~多謝!!

今回の裏テーマは「「ピノキオ」のピザの味の確認」でした。

というのも、こっち(関東)でピザ食べると、窯焼き・・・とかナポリ本場・・・とか、クリスピー系で薄くて真ん中が薄すぎてだれっとしちゃうやつが多くて、何か私の思う「ピザ」じゃなかった。
これはこれで美味しいし本場モノなのかもしれないけれど・・・「私のピザ」ではなく。
近所の店の「C」のピザの耳は割と「私のピザ」に近いんだけど、その微妙な違い故に、「あのピノキオのピザはここ20年ぐらい食べていないから、私の中で美化されて夢のようなピザになっているのでは・・・」と疑念が出てきたり。

結論。やっぱりピノキオのピザは美味しい。
大声で言おう。
「私の中のデファクトスタンダードピザは「ピノキオ」のピザである!!!!」
・・・営業を続けていてくれていてとても嬉しいな。

同様に、関東のうなぎはしれーっとべたーっとしていて、中部圏の皮ぱりぱりのうなぎが食べたいよ~と悲しくなる時がある。ひつまぶし系は関東でも食べられるようになったけど、皮ぱりぱりの長焼ってあんまりないので。

懐かしい味、いいね。
どこかの小説のように紅茶をマドレーヌにひたすと香りで記憶がよみがえる・・・とかはなく、それに恥かしい振り返りたくないようなコトばかりだったような気がするけれど、懐かしい味、なんだかいいものです。

そう、あれから遠くへ来てしまっているのだなあ・・・。

そうそう、生き生きしている友達の顔を見るのが一番ごちそうでした。私もがんばるぞ。


---
いとしの名古屋めし&地元めしメモ

・「ピノキオ」
 ピザとレモンスカッシュを食すべし!

・「柳川」
 長焼定食でうなぎのはりぱりの皮を食べるのが幸せ。 
 うなぎがくるまではどじょうのから揚げとビールで待つ。

・「シャンパンブランチ」
 なつかしの一社。まったりできるいい店ができたね。

・「かわちどん」
 肉をがっつり頂きました。

・名古屋マリオットのロビーラウンジのコーヒーショップ
 なんかスキ。世の女子と変わらず?高い場所スキ。

|

« 「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 | Main | 秋三景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/46646875

Listed below are links to weblogs that reference いとしの地元めし:

« 「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 | Main | 秋三景 »