« 「勝間和代×香山リカ」 | Main | いとしの地元めし »

2009.10.13

「クララ・シューマン 愛の協奏曲」

「クララ・シューマン 愛の協奏曲」@銀座シネパトス。
脚本としてのひねりはないものの、シューマンズキな私には嬉しい映画。

シューマンにかなり鬱入った頃から話は始まるのだが・・・

思うんだけど。
クララの本音。
ロベルトとブラームス、二人の才能をいくら認めていたとしても。
二人の触媒として使われるほうのクララ、生身の女性としては本当はたまったもんじゃなかったと思うんだけど・・・ロマン派的情熱をおのおのからぶつけられてもさ。
生活者として、母としては、「直接ふたりでやってなさい!」てトコ実はあると思うんだけれど。
もちろん、芸術家としてはおおくの刺激があり、クララは芸術家としての自分を抑えることはできなかった訳だけれど。

・・・なんか、男の人ってそういう所あるような気がする。うまく説明できないんだけど。
旦那も「なんか入院前の自分とロベルトが重なる・・・うぉぉクララ~」と悶えてたし(意味不明)。

この映画でちょっとわかった、クララになる秘訣。
本気で対象を「見る」こと。
大きすぎる才能は、もしかしたらすぐには「理解」できないかもしれないけれど、ただ「見る」「感じる」こと。

---

この間の「勝間和代×香山リカ」のアエラ表記を見て、「ん?攻めは前に表記するんじゃなかったっけ?」と思った私はオタクでしょうか・・・いやあ一般常識だよね?!

ちなみに今ウィキを見たら、 BとCがお互いにAに恋愛感情を抱く関係は「B→A←C」と表記するとか。「ロベルト→クララ←ブラームス」って使い方かな。

|

« 「勝間和代×香山リカ」 | Main | いとしの地元めし »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/46476880

Listed below are links to weblogs that reference 「クララ・シューマン 愛の協奏曲」:

« 「勝間和代×香山リカ」 | Main | いとしの地元めし »