« 女性の曲はキーがあわへん(駄) | Main | 「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 »

2009.10.07

「勝間和代×香山リカ」

あらしのまえ。「AERA」'09.10.12号。
これは・・・福原愛ちゃんなみのやりとり(編集後記)の残りの方も読みたい所だよね。

初読でせつせつと感じたのは、香山リカ氏って・・・対談上手いなあ、個人としてみれば香山氏はよっぽど世間の人より勝間和代氏に近い立ち位置のはずなのに、自ら戦略軸を設定して「敵役」としてでも伝えたいことがあるんだなあ、それだけ「生きづらい」ひとたちを多く見て、何とかしたいと考えているんだなあ、と。
あのドクロのジャンバー!

最近「対論 生き抜くこと」も読んでいたのでよけい香山氏側の主張が身にしみたのかな。

勝間氏は自分の築いてきた技術・ノウハウを惜しみなく与え与えている人。現在の社会システムをうまく活用し、効率化の女神でもあり。(私も一冊本を所蔵;)
対して香山氏はやっぱり「生きづらい」ひとたちを何とかするには現在の社会システムに踏み込まなきゃいけない、と考えていて、「生きづらい」ひとたちがむやみに<勝間和代>的な努力・・・システムを活用し、効率化を目指す・・・して潰れる状況が切ないんだ、とおもう。そのシステムで幸せになれるひとは富が集約する一部のひとですよと。あ、アエラではそこまではしゃべってないか。

まさに、今読むべき対談・立ち位置のふたりだとおもう。面白かった。

・・・ふと自分をかえりみると、もう全然生きづらくないんだけど、シゴトについてないときは生きづらかったかもしれない。
サイバラさんもお金の本で「カネよりシゴトのセーフティネット」とおっしゃってましたが深く同意する。

|

« 女性の曲はキーがあわへん(駄) | Main | 「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

はじめまして!コメントありがとうございます。

> 香山リカは精神療法
> 勝間和代は行動療法

なるほど・・・自分にとってベターな部分を取捨選択していけばいいわけですよね。

Posted by: minanao | 2010.01.03 at 09:40 PM

はじめまして。
勝間和代と香山リカ・・。
どっちも好きです。
気分によって使い分ければいいのではと思います。

香山リカは精神療法
勝間和代は行動療法

みたいな感じか?

トラックバックさせていただきました・・。

Posted by: とい@P | 2009.12.30 at 10:51 AM

クリハラ先輩、お久しぶりです!

そーか!だからいくら話してもお互い相容れない感じがあるんですかね・・・そして私がマイペース派に共振してしまうのもそういえば変わってない気がcancer

Posted by: minanao | 2009.10.11 at 09:33 PM

私も読んだよ。この対談!この二人って、ある意味、昔学校で、必ずクラスにいる2つのタイプって感じがしたわ・・・優等生で何でもサクサク、そつなくこなせる器用で学級委員なんかやっちゃいそうな女子と、先生からはそんなに期待されてないマイペース系、でも人間味があってひそかにクラスメートの信頼を集めている女子。でも、ほとんどの人がどちらにもなれなくて・・・小学校から大人の社会も実際は変わらない?いや、変えられない・・・のかも。

Posted by: クリハラ | 2009.10.10 at 07:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/46424828

Listed below are links to weblogs that reference 「勝間和代×香山リカ」:

« 女性の曲はキーがあわへん(駄) | Main | 「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 »