« 「ドはドラマのド」 | Main | 三連休パスで(制御棒はずれの日々) »

2009.07.14

ビーストモード その壱

梅雨明けしたというのに大スキな奄美フルーツ飲料「九年酢」が手に入らない。
しくしく・・・また島みかんが生ったら作ってくれるかな・・・

えーと、この夏で、つくばに来て10周年に。

それを祝うかのように(?!)今年の6~7月は大スキなクリエイターさんたちの作品がぞくぞくと発表され、ずぶずぶと浸ることができてウレシイ。プライベートは相変わらずだが、ココロは結構トリップできているよう。

書きそびれているけど、ミニトマトがわさわさになってきたり、那須塩原で先輩たちとそば堪能したり、バジルが虫に食べつくされたり、掃除機が壊れて代わりにルンバくんが働いてくれていたり、ひょうたんを植えたり、セールで去年より価格帯が安いのをいいことに靴や服に散財したり、もしています。

とりあえず、、、
「放浪の家政婦さん」小池田マヤ氏
「みつえ雑記サーティーズ」青木光恵氏
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」
はこの初夏の基本装備かと思います・・・お勧めします。エヴァはもう二回観たよ。

小池田マヤさんの女子ものは男性がイッキに読むと食当たりする率80%(当社比)。
とにかく、食と植、性と生の痛さを描かせると天下一品。
「日用の糧」の百合先生は吉沢久子先生を脳内モデルに充てながら読みました。
「The 分限者」はフィーヤン本誌で読んだときのインパクトが凄くて。単行本化をあきらめていただけに・・・嬉しい。

(書きつくせないのでとりあえずその壱)

|

« 「ドはドラマのド」 | Main | 三連休パスで(制御棒はずれの日々) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/45636259

Listed below are links to weblogs that reference ビーストモード その壱:

» エヴァンゲリオン新劇場版:破 の感想 [わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心]]
やっといろいろ落ち着いてきたので映画の感想でも書こうかとおもう。昨日は忙しくてま [Read More]

Tracked on 2009.07.15 at 11:43 PM

« 「ドはドラマのド」 | Main | 三連休パスで(制御棒はずれの日々) »