« 花粉戦線覚書&湯のみち蕎麦のみち | Main | 春/騒夢 »

2009.03.22

初教授

Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009@東京国際フォーラム3月19日。
定時ダッシュでもギリギリだった・・・ふうふう。よろっ。

このブログのタイトル(moving on)を勝手に頂いている割には初坂本龍一教授ライブなのでして。
ん?ライブなのかコンサートなのか?曲を毎日変えるというのでライブ・・・だよなあ?

もうこの人については、存在を観に行く、という感じですね。
あの時代にああ生きた人(よく知らないけど)が、今こうして、今こういう発信をし、こういう音楽を創っているんだなあ、という感慨も含めて、観たいひと。
(最近香山リカ氏の「ポケットは80年代がいっぱい」を流し読みした影響?)

「Sweet Revenge」を(たどたどしくも?)演ってくれたのが嬉しかったです。
過去の曲は弾き手側にとってはどうかわからないのですが、受け取り側には掘り起こされるものがあるかならあ。なんか脳細胞とかシナプス?何か出るかんじがして、私はスキですね。

「composition 0919」という曲では携帯撮影OKに。二階席から観ていたので、皆が携帯をばばっと取り出して、ぱあっとおのおのの席がペンライトのように光って、チロリン、シャーンとなるシャッター音まで含めて音楽になっていて、面白いもの、新しいものを見たという楽しさがありました。(私はその風景・音景の方が面白くて撮りませんでしたが)

あと、あの最初の曲はピアノ悪くならないんだろうか?あとでググってみよう。
私自身、最近の曲はあまり知らなかったのですが、ドビュッシーやラヴェルが想起されるような現代音楽系も多かったのですね。
客席のノイズは「コンサート」と思って来る人にはNG、「ライブ」かなと思っている私のような層にはOKなラインかな、と思いました。

---

花粉症戦線ですが、この前「今年は軽い」と書いたとたんにひどくなって、先週末は寒気と微熱で倒れこんじゃいました。やっぱなめたらあかん・・・。
倒れたのは、近所の温泉でマッサージしてもらった時にわきをもまれて、それがあわなかったからかもしれませんが。
ともあれ、終息に向かってるかんじはしています。

|

« 花粉戦線覚書&湯のみち蕎麦のみち | Main | 春/騒夢 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/44434033

Listed below are links to weblogs that reference 初教授:

« 花粉戦線覚書&湯のみち蕎麦のみち | Main | 春/騒夢 »