« 花粉戦線異常なし | Main | 本屋はサバンナ »

2009.02.16

跳べよペン!

漫画も本も、ひとよりは多読めだとは思うけど、頭に残らないタイプである。
ささっと読んで、次が欲しくて、ふわふわと感動した記憶だけがのこる。

この間も「ピアノの森」を読んで、「あーーーじれったい、早く決勝を読みたいのに・・・」ともだえていたら、「読むのは一瞬だけど、描くほうは魂削ってるんだ!」とダンナにさとされる。君は漫画家か?

本当に、いい作品に会うと続きが早く読みたくて。

もうすぐ「ヒストリエ」「ヴィンランド・サガ」も出るみたいだし、佐々木淳子さんの「ディープグリーン」のように昔からのテーマをまた違った風呂敷で展開してくれるのも嬉しいし、青木光恵さんのエッセイ漫画も読みたいし(エッセイ系はまとまるのが遅いのが玉にキズ)、小池田マヤさんには4コマアラフォーもの描いてほしいし、佐々木倫子さんの「チャンネルはそのまま!」は人物はやっぱり佐々木キャラなんだけどガチで面白かったし、「まいあ」は待ちきれずスワンマガジン立ち読みしてるし、あの人にはあれ、この人のこのテーマ読みたい、と、ココロはいつも漫画の編集、フィーヤンののぶえさん状態である(※会ったこともないのでイメージです)

小説は、続き読みたいと思うほど飢餓感をそそるものがないなあ。
ばななさんの「王国」のその4は待ちかねて楽しみだけど。

---

今更だけどウィキの人名検索がおもしろい。
最近「森永卓郎」で検索して笑いました。

|

« 花粉戦線異常なし | Main | 本屋はサバンナ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こばはーsun

もう頭の中では出来ているんですかねぇ。ピアノの森のスパンだと、おしりは決まっているけど途中の展開に悩んでいるのかな・・・

Posted by: minanao | 2009.02.18 at 08:36 PM

どもです。

私もどちらかというと「頭に残らないタイプ」というか、直ぐ忘れるタイプ。ただ、これにもメリットがあるのです。

そう、何年か経てば、また新鮮な気持ちで同じ作品を楽しむことができるのです!

とはいえ、早く先を読みたくなる気持ちもわかります。ただ、じれったいのは作者も一緒なんじゃないかな。頭の中ではもう画が出来上がっているはずだから。

Posted by: たけうちし | 2009.02.18 at 12:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/44086942

Listed below are links to weblogs that reference 跳べよペン!:

« 花粉戦線異常なし | Main | 本屋はサバンナ »