« November 2008 | Main | January 2009 »

2008.12.22

「住宅喪失」「金融大崩壊」そして「信用偏差値」

年賀状を書く前に、今年はどんな年だったかなーと
このブログを見直してみたけど、なんか今年、
デキゴト系は全然書いてませんね・・・?。
「十年女性健康手帳」の方を見直してみたよ。

ともあれ、帰省本の買い込みに入っています。
帰省する前に読んじゃう本も多いんだけどさ。
さいきんは、タイトルにもある本を順々に読んで戦々恐々としてしまった。自分で言うのもなんだけど、この順番・・・絶妙です。

◇「住宅喪失」島本慈子氏 ちくま新書 2005

「ただ、かつてもいまも共通していることはあり、それは何に
 つけても経済が優先という思想である。国民の居住権は、こ
 の国の住宅政策において真摯に検討されたことはない。
 労働においても住宅においても、日本の政策はアメリカをお
 手本とし、アメリカを追いかけている。」p8より引用

まるで今が見えているかのような記載。「「信用」の機会不平等」への言及。「国会会議録はおもしろい、国会議員の発言で検索して」とか、きっとどろりと流れていくおかしなことに異議を唱えられるひと。この著者の他の著書も読んでみたくなる。


◇「金融大崩壊」水野和夫氏 生活人新書 2008

経済わかんない私も目からウロコでページを折りまくる。
今、必読の一冊でしょう。

「アメリカはクレジットカードなどから消費者ローンまで、金融
 サービスが高度に発達した社会で、その返済履歴に延滞が
 あるかなどの情報をもとに、消費者一人ひとりの信用度が数
 値化されています。その数値が一定以下のグループが、サブ
 プライムに分類されます。」p44より引用

「サブプライム」の意味をやっと正確に知ると同時に(遅い)ああ、本当に今は「資本主義が始まって以来の危機」なのねと理解する。


◇「信用偏差値」岩田昭男氏 文春新書 2008

「社会生活で信用証明として発達したクレジットスコアが今や
 社会の格差を広げ、固定化を助長する最強の仕組みになって
 いるのだ。しかし、米国人は、二十年前からこうした状況が
 つづいているため、それを「悪」とも感じなくなっている。」
 p172より引用

信用情報と信用格差社会。・・・くれぐれもアメリカモデルをそのまま持ち込むのは避けてほしいところです。

---

なんだかんだで今年ももうすぐ、年の瀬。
すべてのひとに暖かい眠りがあればいいとねがう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.01

ワンドの2とソードの10

いろいろありすぎて書ききれない・・・
そしてもう師走なのだよ。

高校時代からの悪友の結婚式でまた名古屋へ。
もちつきなどもして心からめでたいし楽しい。
ああ、20年ぶりぐらいの子もいるんだけど変わってない・・・
いや、変わってるんだけどいいかんじの変わりようだったので
進化したんだね~って感じでした。

う~ん、私は退化を食い止めねばな。

そして次の日はYさんとOに占いに連れてってもらう。
栄の雑居ビルのタロット占い。
情報を言わずにどのくらいわかるのかなあと思い、ざっくりと
「A方面に行こうかB方面に行こうか迷っています」と相談。

ではまずA方面で占ってみましょう、と始める。
タロットかじったことあるんでなんとなくは判るんだけど
最終カードは小アルカナでよくわからない。

太陽の正位置、恋人の正位置ときて、最終カードは
旅人が後ろ姿で未来を見ているようなカード。
見たとたん占い師さんは「明確に出ましたね。Aでしょうね」と即決。
その中でも「運が強い」「お金に困らない」といわれたことがめちゃ嬉しい。単純・・・

でも「うーん、Aかあ・・・」と私がむにゃむにゃしてると、
じゃ、Bの未来も見てみますか、とシャッフル。
すると最終カードには剣をプスプス突き刺された男の人のカードが!
(後で検索してみたら「ソードの10」というやつだった)

・・・ということで、皆様、私プランAで行きます(しばらく)。
でも人生なんてきっとA/Bで迷ってるつもりでもXとかYとかが
降ってくるんだわ多分。
そこに対応できる柔軟性と体力を身につけよう、と思う年末。

(とりあえず占い編のみUP)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »