« 北条大池 | Main | 「MOONLIGHT MILE」 »

2008.04.13

眼鏡女子とどろどろ女子

鹿児島のラジオで、原田知世さんのカヴァーした「マレーネの肖像」を耳にした。
むちゃむちゃ懐かしくなって、スザンヌ・ヴェガのファーストアルバムを今、車でヘビロテしている。
このアルバムは全部良いけど、特に原田さんもカヴァーしている「Marlene On The Wall」がスキなのだ。
この歌詞世界が、健気に戦う女って感じでカッコいい。
へたくそな英語で「changing...」なんてよく一緒に口ずさんでいたものだ。

前にもちらっと書いたかもしれないけれど、アコースティックギターいっぽんの眼鏡女子の世界に妙に弱い。
スザンヌ・ヴェガとか、リサ・ローブとか。
どっちもファーストが一番好みの世界観が煮出されている感じで、スキだ。

ピュアめで、でもこのままじゃ駄目だから変わらなきゃ、というコトバのかずかずは、あの頃の私に妙にシンクロした。
私だけじゃなく、きっと若い頃浸りがちな考えなんだろうけど。


こんなピュアさとは逆に、どろどろも何故かどうしてスキなのだ。
私のどうしても離れられないどろどろは、こやまゆかりさんの「1/2の林檎」。
知らない人には何ソレ?って感じだと思うけど、まあストレスたまった時、満喫とかでイッキ読みしてみて下さい。
違う世界に飛べます。(ある意味・・・)

特に、奈津子のコトバや手段などの老獪なテクニックが、上記のピュアめ女子達と同じ人類とは思えないほどです。
いやー人間って混沌だよね。ひとりの中も混沌だしな。(含む自分)

|

« 北条大池 | Main | 「MOONLIGHT MILE」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/40871578

Listed below are links to weblogs that reference 眼鏡女子とどろどろ女子:

« 北条大池 | Main | 「MOONLIGHT MILE」 »