« February 2008 | Main | April 2008 »

2008.03.30

お花見

お花見
代々木公園にて。
夜は天麩羅♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.26

旅路より 四

旅路より 四

この滝に降りたとき、木の葉がきらきらと何かの恩寵のようにふりそそぎました。

ダンナ病気の時にお世話になった?パワーストーンを
霧島の水で清めてみました。
関平鉱泉水にもお世話になったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.24

旅路より 参

旅路より 参

「霧島は やさしき牧羊も おわします」
篤姫ブームに沸く鹿児島と比べて霧島は静かでした。
ご朱印帳を初めてつくってみたのだ。
高千穂牧場ものどかで良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旅路より 弐

旅路より 弐

「砂蒸しで 食べすぎ食べすぎ 戻るかな」
鹿児島は食べるものが美味しくて・・・。
焼酎を呑み過ぎた目に朝日がまぶしいです。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旅路より 壱

旅路より 壱

「働きマンより 噴煙すくなし 桜島」
私よりは煙吐いてないかも・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.18

「聖☆おにいさん」

ぶっ、、、ぶははははは!
「聖☆おにいさん」・・・最高!
買ってからもう十二回ぐらい繰り返し読んじゃったよ・・・
シフのコンサートレポ書こうと思ったけど、まずこの感動を先に!

いやー何もかも面白いけど、最初の回、大家さんがくる回、プールの回は特に面白いよね?!
ちょっと気になるのは、こんなに面白いと、それぞれの信仰深い人からのリアクションはどうなのでしょうか、、、心配です。

まーでも日本だから咲いた花って感じで。
それぞれの宗教への素養もあって、ある程度表現の自由がある文化でないと、日の目を見れなかっただろうねえ。
あと、タイトルだけだったら、なんか青少年向け漫画かと思ったかな。
ひとのオススメと書評で購入に至りました。

---

そして、大好きなバレエ漫画も豊作ですなあ。
「まいあ」の二巻も出たし、なんと「昴」の続編の「Moon」も出たし、ダダダンも3巻がもうすぐ出るはずだし。
春を楽しみつつ、ココロは漫画と一緒に踊っているのです♪

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2008.03.09

あのスニーカーはもう捨てたかい

このあいだの「ブレミアム10」のチューリップ特集。
きっと言い古された事なんだろうけれど、財津和夫の言葉選びって上手いよなあ。
同世代人でもないのに、想起される風景がある。

学生時代、北海道を自転車で走った。
宿泊するのはユースホステルと呼ばれる施設だ。
出発と帰着だけ仲間と一緒にして、あとは自由なプランニングで走る。
友達の中にはもっと安いライダーの為の宿とかを利用している子もいたが、ヘタレ系お嬢(当時)の私には当然そんな度胸もなく宿泊はユースだった。
当時、90年代の前半にかかっていたけど、それでも北海道のユースは青臭い独特のノリがあるところが多く、毎夜歌と踊りのミーティングが行われるのが名物のところや、ギターをかき鳴らしながらお見送りをしてくれるところ、名物ヘルパー(宿にいついてしまう人)がいるところ、などが先輩から言い伝えられていた。

「ミナトはきっと苦手だと思うな」
友達はそう行った。私も体験するまではちょっとそう思ってた。
集団でなんか陶酔したりするのが好きじゃなかった。
でも、どこかのユースで皆で「心の旅」歌ってるときふっと思った。集ってる人によるなあ・・・心地いいのもあるなあ・・・、でも人や場に影響されるのって何て楽で怖いことなんだろうかと。

いや、実は結果は(宿の夜は)おおむね楽しかったんだけど。
でも入り込むタイプではないんだな、、、とぼんやり自分を認識。
当時は、友達の方が私の事をわかっていたかもしれない。

チューリップの曲を聴いたら、何故かあの頃を強烈に思い出す。
あの宿の夜の手触り。きっちりたたまなければいけないシーツの朝。
あのスニーカーはもう捨てたかい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.02

国土地理院

国土地理院

国土地理院に付設されている「地図と測量の科学館」。
近いのに行ったのは初めてでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »