« 緑を抱えて | Main | 両手ブラリ »

2008.02.21

幕末を生きると

幕末の男では誰がスキですか?

・・・今ドキ、司馬遼太郎初体験です。
「翔ぶが如く」。まだ一巻だけど。

周りに歴史ズキの友人もいたし、司馬遼を薦めてくれた友人もいたのに、なぜか未開の地。
正直、今まで歴史の面白さって、あんまりピンとこなかったんだよね。
でも結局、時代を動かしてたのって、息してる「個人」なんだよなあ、とわかってきたらとたんに面白くなってきた。

しまいには街道を行っちゃったりするかも・・・?
いやーすごい仕事だよな、司馬遼は。

---

自分が激動の時代を生きていた個だったらどうするだろう、と考えることがある。
(あるイミ今も激動だけどそこは省いて)

マリーアントワネットに石投げたり、黒船に驚いたり、なんか野次馬なんだけど観察して走ってどっかに伝令してたりしそうだ。
なんだか、どっふりつかって動かす側じゃなくて、どっか面白がってる小市民をやってそうだなあ、、、いつの世も。

|

« 緑を抱えて | Main | 両手ブラリ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/40213938

Listed below are links to weblogs that reference 幕末を生きると:

« 緑を抱えて | Main | 両手ブラリ »