« 「遠い忘却の彼方へと消えて」 | Main | 「春になったら莓を摘みに」 »

2007.12.09

寝台と丸窓

あっという間に師走です。
ちょっと書かないうちにブログ筋が衰えました。
その間にも、

・「田井の里の秋祭り」で「オフィス寺」のような設計事務所など見る
・「誰も寝てはならぬ」に悩み相談投稿したら採用
・母方のおばーちゃん亡くなって名古屋へ、
 久しぶりに親戚に会ったら、いとこがいけてる眼鏡おねーさんに
 なってたりしててえらくおもろい
・テレビ買い換えたらデジタル放送のあまりの綺麗さに愕然
 ダンナかんたんにテレビっ子に変身
・近所においしいフランス料理や開拓
・昔からの仲間が入籍してめでたくパーティ、、、おめでとう!
 久しぶりに会うが皆違和感なさすぎ

などなどがあり。

・・・

それにしても、引っ越してからのベッドライフが快適で幸せです。
いままでがふとんライフだったので、ベッドリネンを買い揃えなければならないのが玉にキズですが。
ボーナスでたら、印度綿のいいリネンとか買いたいなあ。
桜沢エリカ氏が「リビングは大人クールなのにベッドルームは乙女になっちゃった」とか書いてたけど気持ちわかるなあ!なんか安らぎたい、、、夢をみたいんだよね。
本はやっはり持ち込んじゃうんだけど。

いちばんの理想のベッドはやっぱりハイジのわらベッド。
あの丸い窓がいいよね。
ベッドから身を起こして、丸い窓をのぞくと訪れるスキなひとの顔が見えるの。
やさしいおじいさんが整えたベッドとあんな窓が私にもほしいなあ。
しかし、あんな窓がないからおソトに出て行くしかないのです。

|

« 「遠い忘却の彼方へと消えて」 | Main | 「春になったら莓を摘みに」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/17324183

Listed below are links to weblogs that reference 寝台と丸窓:

« 「遠い忘却の彼方へと消えて」 | Main | 「春になったら莓を摘みに」 »