« October 2007 | Main | December 2007 »

2007.11.21

「遠い忘却の彼方へと消えて」

稲垣潤一アコースティックライブ2007@ノバホール。
ありがとう、つくばに来てくれて。
いや~、しみじみ良かったですねえ・・・!

今回の大発見。
初期のアルバム曲は、私、稲垣潤一さん本人よりも聞き込んでいるかも?
なんて。歌詞を間違える&棒立ち&トークがそんなにうまくなくても、あの声とあの歌詞世界を堪能できればもうもう十分OKなのです。

今回良かったのは、ドラムしながらの「ドラマティック・レイン」&「エスケイプ」。
「エスケイプ」でファンになったから、超、感慨深かったです。
これ今調べたら1983年リリース。小学生のころ聞いて痺れていたのね?!

あと「愛は腕の中で」。秋元康&林哲司両氏のべたなラブソングがこう、、、今聴くと最高です。
「あ~あ~♪」の母音の響き方がこう、綺麗なんですよ。
「大人の夏景色」も、生で聴くと「あのこ~ろと違う~」の「あのこ~ろ」が本当にあの頃を想起してしまうんですよね。響きが美しいです。
「こんなにも愛してた」は古内東子氏なのですね。これも初めてじっくり聴いたけど良い曲でしたね。

音響どうかなーと思った部分もあったけど、席の場所のせいもあっただろうな。
生ピアノも使って、ジャズっほいアレンジも楽しいものでした。

しかし、つくばだとカイシャ帰りに行けるのはいいけど、こう知り合いの多い土地ではいまいちはじけられなくて(照)残念。「1・2・3」で跳べませんでした(照照)。会場も三年前に行った渋谷よりはしっとり系でした。

今度は夏に東京で大人ポッフス系をお願いします(念)
「風のアフロディーテ」とか「Blue Flame」とか、、、
「Everyday's Valentine」そうするとこれは冬っほいか。
作詞作曲者がこんなヒトなんだよ、という話やバブル時代の秘密のエピソードなんか話してほしい(念念)

ああ、、、今回もまともなレビューになってません。でもファンってそんなものかも・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.19

蕎麦と紅葉と餃子

蕎麦と紅葉と餃子

あ、温泉も。
リフレッシュできました、、、皆様ありがとう!
蕎麦は「胡桃亭」。昼酒サイコー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.11

デザインの楽しみ

「ジャン・フレデリック」ピアノリサイタル@ノバホール。
若い、ロン=ティボー三位、微妙かな?と思いながら足を運んだが、想像をはるかに超えて良かったです。

ラヴェルの「ラ・ヴァルス」がむちゃむちゃ楽しかった・・・
直前にデュトワ指揮の「ラ・ヴァルス」聴いて、ピアノ独奏はどんな感じなのかな?と想像をふくらませていたけれど、それをはるかに超えてドライブしていきました。編曲もご自身の手でしたそう。

逆に、後半のリストはつまんなかった。(自分がリストがあまり好きではないからかも)
ショパンのバラードからノクターンの一連の感じは良かったな。
プログラムの構成、曲のチャレンジも含めて、今後、いろいろ冒険してほしいと思えるピアニストさんでした。

そしてCDは飛ぶように売れ、サイン会には長蛇の列が。並ばなかったけど。

それにしても、小雨振るノバホール、今回はチケットぴあでの取り扱いもなく、ますます入りが悪い感じに、、、
今どきネットでチケット取れないなんてどうしようもないなあ。

・・・

外へ出ると、もう光の森ができてた。
また冬がやってくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.04

東方の三賢人に倣う

寒くなる前に新居も落ち着きつつあります・・・ほっ。

我が家は物品購入にマギシステムを採用しました。
「私」「ダンナ」「店の人」の三者が可決しないと計画が実行されません。
まあ「店の人」が否決することはないので、実質はどちらかがどちらかを説得するという形なんですけどね、、、でもまだごみ箱買えてません。(悩みすぎ)

近頃読んだ本では「3つに分けて人生がうまくいくイギリスの習慣」井形慶子氏のものが心境にぴったり沿った。
「仕事人、生活、女性性と各側面を分けて人生を楽しむ」という考え方。
それってまさにマギシステム。
ひとつのシステムだと暴走してしまう可能性もあるということなのかな?

・・・懐かしい本もいろいろ出てきて飽きない、秋の夜長です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »