« 固い月はペッパーミルで挽きたい | Main | 残酷な天使のように その弐 »

2007.09.17

残酷な天使のように

ずいぶん報告遅くなりましたが、もちろん「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」初日に観に行きました。
おまつり気分まんきつです。
シゴトあったのにレイトで。前日にネットで「こりゃやっぱり」とチケットキープ。
それもこれも「今度こそは「物語」として決着をつけてくれそう」な気配を感じたから。

いやーーー、、、楽しかったあ。
映像綺麗だった、、、第三新東京市もメカメカしてて楽しい!
重機を美しいと思うヒトビトの気持ちが判ったよ・・・
残念なのは、テレビエヴァだと地表に射出されたとき、あごが
反動でがくんと上に上がるのですが、その描写が
あんまりなかったところ。あれ、おっもーいかんじがしてスキなのです。

それにしても、見る前、わくわくすると同時にせつなくて。
だって、上映されちゃったら情報がわーっと出て、自然、目に入ってくるだろうし、どうなるんだろうという部分に答えも見えてしまうだろうし・・・と思っていたけど、続きに期待の持てるクオリティで本当嬉しかったなあ・・・

オトナになっちゃったから、キャラ全体のコドモかげんも見えてしまうし、つっこみどころもマンサイなのだけれど、それでもやっぱりあのテンションの高さといろんなネタの絡んでる世界観はスキですね。

ま、実際のところ大画面であの映像を見るだけで胸いっぱいです。
旧劇場版はどうしてもスキになれないので、ハッピーエンドが観たいなあ。
なにとぞ。(誰に頼んでいるのか)

---

そういえば映画つながりでは、この間テレビで初めて「007」シリーズを見たのですが、、、
女好きで仕事人・・・物語の定型の美しさ・・・めちゃめちゃ好み・・・!
スパイといえばエーベルバッハ少佐しか知らなかったけど・・・?
今頃何言っているのかと思われると思うのですが、学生時代はどちらかというとミニシアター方面みてて、有名どころがすっぽり抜けているのです。
しばらくは「007」ざんまいで楽しみます(きっぱり)

|

« 固い月はペッパーミルで挽きたい | Main | 残酷な天使のように その弐 »

エヴァ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/16480393

Listed below are links to weblogs that reference 残酷な天使のように:

« 固い月はペッパーミルで挽きたい | Main | 残酷な天使のように その弐 »