« 国立歴史民俗博物館へ | Main | 「ハンニバル・ライジング」(映画のほう・ネタバレあり) »

2007.04.15

「本当の自分」なんて語らないで

「生徒諸君!」がドラマ化される、ってので思い出したけど、私のおねーちゃん世代ぐらいで「本当の自分」で思い出すのは、中田じゃなくてナッキーじゃないかなあ。
ナッキー憧れの飛島先輩が、ナッキーの肖像画を描くんだけれど、見せられた肖像画には、普段、他人の前で見せたことのないような表情、さらけだしていない弱い部分が描かれているんだよね。
で、飛島先輩いわく「これが本当の君なんだ」。
もう、乙女心はつかまれまくりです。

思うに、私たちのおねーちゃん世代の、あれが「本当の自分」幻想の始まりじゃないかと(笑)
オトナになって思うと、、、ちょっとあざといよーな・・・

そういえば小悪魔蝶々さんも「オトコの本質をつかめ!キモをつかめ!」と語られておりますが、「君は本当は・・・」は、はまれば決まるテク、はまらなければとことんハズす古典テクなのだと言えましょう。
ま、私は今は嫌いですけれども。

そう、少女漫画のリメイクやドラマ化が熱い。
「地球へ・・・(テラへ)」も録画して見ている。イマドキになっていて、それはそれで楽しい。
竹宮恵子氏の漫画は、サブキャラ、メインでないキャラが主人公について語る時の詩情が良いんだよね。

その昔から「自分」について語る快楽、語られる快楽は主に少女たちのものであったと思う。
成人になった男子には、自分なんて探してほしくないし、自分語りもしてほしくないなあ。

|

« 国立歴史民俗博物館へ | Main | 「ハンニバル・ライジング」(映画のほう・ネタバレあり) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

どきどきしたんですよね・・・やっぱり。ええ。(笑)

今はもうその手は効きませんが。

Posted by: minanao | 2007.05.06 at 10:02 PM

えらい遅いコメントですが。

最近私たちが小学生の頃にはやった漫画とか映画のリメイクとか多いですよね。

”本当の自分”今言われたら笑うか”そう思われてるんだ”と変に感心しそうですが、当時はどきどきしたのかなあ。。

Posted by: にゃんこ | 2007.05.01 at 11:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/14693440

Listed below are links to weblogs that reference 「本当の自分」なんて語らないで:

« 国立歴史民俗博物館へ | Main | 「ハンニバル・ライジング」(映画のほう・ネタバレあり) »