« 宙を行く山を分けて | Main | 白鳥の里 »

2007.01.15

闇からポゴレリッチ

ふうぅ~。(←新年からこっちやっと一息ついた音)
イーヴォ・ポゴレリッチ、ピアノリサイタル@サントリーホール。
しかし平日に東京のまんなかより西はちょっと辛し。

正直、はじめのブラームスは今の私にはキツいかんじだな、、、
と。スローで重くて独特のテンション。
それも、緊張感というより、はらはらするほうのテンションなのだ。

譜面を見ながら弾いているのに、
曲によってテンポが非常に速いのと非常に遅いのが極端。
自らの解釈のまま、譜面はむしろお守りかと思わせる。

全体的に異空間にいるようだったよ・・・
ふと終わったら10時近かったし!
音楽を楽しむというより、彼のいき方(すきな漢字をあててください)を含めた何かを見に行ったような。
いやー、、、凄かったです。

アンコールのイスラメイという曲は初めて聴いたのだけれど
リサイタルの中で一番良かったな。
譜面をかかえてにこにこ出てきたのも可愛かった。

---

広告で「ソトコト」で中沢新一と坂本龍一の巡礼対談が
あると見て、本屋に行ったんだけど、
間違えて「クウネル」買いそうになったよ・・・
似てるし!というかこの系統の雑誌いつのまにこんなに多く!

「食育2.0」と。
ぜんたいてきには共感したけど、もうそろそろ2.0とかつけるのは止めたい。
どうせなら5.0ぐらいいったバグのない世界に住みたい。

|

« 宙を行く山を分けて | Main | 白鳥の里 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

そうなんだ~。
あれが気分にぴったりくることもあると思うんだけどね~。こう、ぐーっとはらはらする感じが微妙に自分に合わない感じで。

でもある意味、また何か聴きたいかも

Posted by: minanao | 2007.01.21 at 09:39 PM

ブラームスは交響曲1番からもわかるように
神経質にやればやるほど、らしくなるんですが、聞くほうは辛いんですよね~
ブラームスの「ドイツレクイエム」もそういった意味で神経質なので、歌うのすらいやだったんですよ

しかし・・・
相変われず、「いって」いるのか、ポゴレリッチ

Posted by: ひー | 2007.01.19 at 03:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/13565875

Listed below are links to weblogs that reference 闇からポゴレリッチ:

« 宙を行く山を分けて | Main | 白鳥の里 »