« 白鳥の里 | Main | 湯婆婆にサービス業の真髄を見る »

2007.01.29

手帳な日々と記憶の夜

手帳を使っていない。
去年の夏、重かったからだ。

もともと、こまごま書かないというのもあるし、
予定も少ない(しくしく)ほうだったが、
シゴトの打ち合わせの後とか日程調整するのに、ぺらリとサイボウズのプリントアウト出すのも色気ないしな、と「フランクリン・プランナー」にサイボウズの月次スケジュールを縮小して貼っていた。
日々のタスクはデイリーに書きこんで。

でも、色々たいへんだったとき、
身軽に動けたほうがいいし、
そこにあるものは、捨てようと思えば捨てられるスケジュールなのだと気付いて、家に手帳を置いていった。
ただ、メモすることは多かったんで、ちいさなコクヨか何かのノートを買い足して。

・・・スケジュールがあって、その通りに切り回しできる幸せにも気付いた。
世の中には、スケジュールどおりにいかないことも沢山あるんだ。
今まで気付くことがなかった。
きっと子育て中の方とかと近い気持ちだったんじゃないかとおもう。

だいじなことは覚えているし、覚えていないことはぶっちぎるぐらいの勇気がほしい。
でも、そこまでは超越できていないので、今、手帳を復活させようかちょっと悩んでいる。

---

さいきん聴いているCD。
お正月、実家に帰ったとき残っていた楽譜がショパンの前奏曲だけで(あとは姉がもっていったらしい)一部さらったら火がついてさいきんまた聴いている。
キーシンのが疾走感があっていい。エチュードっぽい小品がぞくっと。
あとは、シューマンのピアノ三重奏曲とラベック姉妹のバルトークのCDを。
ラベック姉妹のおねーさんみたいに弾けたら、何かふっきれそうだ。



|

« 白鳥の里 | Main | 湯婆婆にサービス業の真髄を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

信用を失わないようにしてください・・・

楽譜ねー、バラードとかエチュードはどうせ弾けないからいいけど、ノクターンはちょっと弾きたかったなあ。
それよりシューマンを返してほしい(to姉のほう)

Posted by: minanao | 2007.01.31 at 09:22 PM

ひーの場合は
とりあえずダブルブッキングしておいて
どちらかをぶっちぎるか
または、両方やりません^^

ショパンの楽譜はひーの所にもありますよ^^
ショパンの楽譜たちはもともとひーの所有物なんですから

Posted by: ひー | 2007.01.29 at 06:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/13697367

Listed below are links to weblogs that reference 手帳な日々と記憶の夜:

« 白鳥の里 | Main | 湯婆婆にサービス業の真髄を見る »