« 「ハゴロモ」 | Main | 無印良品を着た悪魔 »

2006.11.13

フロレスタンなコブリン

アレクサンダー・コブリンピアノリサイタル@浜離宮朝日ホール。
クライスレリアーナズキの私、早退して行って参りました。

浜離宮は初めて。
このホール良いね。ピアノ聞くなら、このくらいの規模が良いかも。

コブリン氏は、がつがつ弾くところと宙を見て歌うところ、
さすがロシアのヒトらしく(?)バランスがとれている。
このヒトのクライスレリアーナは、好み度から行けば7~80%ぐらい。
演奏も集中していて、私たちはある空気に包まれた、とおもう。
音にひたされる感じ。すごく、良かった。

好み的には、ネクラさん部分のパートをもっと押さえた演奏だと
かなり好みに近いかなあ。
あと、出だしがうねるように始まる感じの方がスキ。
演奏を聴くと、見かけによらず陰はないような気がしたな。このヒト。

アンコールは5曲。
2曲目のラフマニノフ、惹き込まれた。
ショパンのエチュードも2曲も!
がつがつ弾く部分が多い曲の方が魅せてくれるかんじが、した。

---

休憩時間に呑みながら(いつものささやかなヨロコビ(--;))、
クライスレリアーナを集めるきっかけの1枚を思い出した。

社会人最初の会社を辞める時に上司がプレゼントしてくれたのが
確かアルゲリッチ版のクライスレリアーナのCD。
第5曲を練習していた高校の時、ブレンデル版を買ったけれど、
その一枚しか持ってなくて、フツーのスキなピアノ曲のなかの
ひとつという感じだった。

そのCDを餞別で頂いて、
「え、でもなんでシューマン好きかもって判ったんですか?」と聞くと、
「社報の「スキな曲」の欄で「レントよりおそく」って
 書いていたでしょ?それで。」
それはドビュッシーだ?!
そのヒトがすごい読みなのか、それとも
私が、わかりやすすぎる好みなのか?

・・・スキなものはけっこうずっとスキだ。
あんまり変わらないよ。

|

« 「ハゴロモ」 | Main | 無印良品を着た悪魔 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/12689331

Listed below are links to weblogs that reference フロレスタンなコブリン:

« 「ハゴロモ」 | Main | 無印良品を着た悪魔 »