« そしてふゆはくる | Main | フロレスタンなコブリン »

2006.11.12

「ハゴロモ」

「よしもとばなな」にはまっている。
正確に言えば、よしもとばななドットコムの一連のニッキに。
ブームは急に来た。

いままでもさらりとは読んでいたけれど、別に
スキな作家さんというわけではなかった。
なのに、この夏、病院の売店に「ハゴロモ」があって、
ふと手にとって、病室のすみで読んだら、

はまった。

「あ、これ前にも読んだことあったな、、、」
と思ったけど、沁み方がぜんぜん違った。
フツーの自分なら、きっと甘い描写とか偶然の設定がとか
ヒハン的な目もあるはずなのに。

うん、どこかな。
主人公の痛さとか、ささやかなところから力をもらって
いくところとか、妙に沁みて。
これは、元気なときには沁みない、
つらさを感じているひと、ときにこそ要るお話だったのね。

そんな感じで、この夏は全然読書傾向が違いました。
時間があれば、つらいときに沁みるオススメラインナップを
列挙したいとおもいます。

ぱっとタイトル出るところでは、
日野原重明さんの「いのちの言葉」とか。
同じよしもとさんでは「さようなら、ラブ子」も沁みたよ。

|

« そしてふゆはくる | Main | フロレスタンなコブリン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/12662820

Listed below are links to weblogs that reference 「ハゴロモ」:

« そしてふゆはくる | Main | フロレスタンなコブリン »