« 許されるはずのない | Main | 宝石を創ってね »

2006.10.15

笑顔の人、カツァリス

シプリアン・カツァリス「音と技巧のピアノ魔術師」@ノバホール。
前半はショパン、プレリュード、ノクターン、ポロネーズ、
マズルカなどから切れ間なく一気に聴かせる。

最初は「どうせつくばは浜離宮の手ならし程度なのかな、、、軽く弾いてるよな、、、」という気持ちで聴いていたのだが、違うね。
この方、指がまわりすぎるのだね、きっと。
ポロネーズ1番がノクターンみたいに聴こえる。

後半はエンジンかかってきた感じ。
リストは和音が気持ちよくてぞくっとした時があった。

アンコールは5曲!も!
(たぶんホールの明るくするタイミングが遅いのもあり)
シューマンやチャイコはまだしも、バンジョーの曲をアレンジした
という小品も。これ面白い曲だったね。
さすがに引き出しの多さを感じさせて終了。

夜はドンクの「バタール」をエクストラバージンオリーブオイルで。
安ワインと一緒に。
止まらない・・・。

|

« 許されるはずのない | Main | 宝石を創ってね »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/12297254

Listed below are links to weblogs that reference 笑顔の人、カツァリス:

« 許されるはずのない | Main | 宝石を創ってね »