« 極楽への力量(2) | Main | ミネラルティー »

2006.06.29

「生きのび」感のある身体

の動きが好きなんだと思う。
生を謳歌している、って感じではなく。

この間「コンテンポラリー・ダンス徹底ガイド」をぱらぱらとめくっていたら、ダンサーの笠井叡氏もR・シュタイナーの人智学に傾倒されていたみたい。
ちょっと興味でてきた。シュタイナー、かじろうかな。
数年前の舞台だけれど、笠井氏の身体も「生きのび」感があった。
ん?「生きのぴ」感って何だ?自分で書いてて不明。印象だけで書いてるな~。

ちょっと先だけどクラウド・ゲイト舞踊団も楽しみだ。ダンサーたちは、毎日瞑想と太極拳してるらしい。
ここは集団生活はしていないのかな?
キブツ・コンテンポラリーみたく、共同生活している集団、てのも楽しい。

同じコミュニティ、集団、同じ動きなのに、身体から立ち上る「個」が匂う、そんな感じが好みなのかも。
強烈すぎる「個」の舞台は、シンクロできないとき、ちと辛い。
北朝鮮のマスゲームは?と聞かれたけど、う~ん、あれはちょっと違う、かな。
あそこから個を読み取れるほど超感覚では有りません・・・

---

それにしても、、、働きすぎるとろくなことがない、と身体で学んでいるはずなのに、また同じことを繰り返している自分が不思議。
気やパワーもらうばっかりじゃなくて、自分の力で循環させたい。
そして私も生きのびる。

|

« 極楽への力量(2) | Main | ミネラルティー »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/10726466

Listed below are links to weblogs that reference 「生きのび」感のある身体:

« 極楽への力量(2) | Main | ミネラルティー »