« 訪問者と | Main | レクター博士、私も »

2006.06.04

バロックヴァイオリンを聴く

バロックバイオリンを聴く

目白バ・ロック音楽祭「究極のシャコンヌ」グナール・レツボール@自由学園明日館。
フランク・ロイド・ライト氏の設計だって。
バラが咲き誇って、アットホームな良い雰囲気。

バロックヴァイオリンって初めて生で聴いたよ。
もともと弦系は聴きなれてないので良くわからないけれど、
レツボール氏は、割とラフな感じ(に見える)でそれを扱いながら、
低く温かかな、そして(抑制はきいているが)激しい音を引き出すのだ。

うん、面白かった。
「ラ・フォルネ」より聴かせるほう、啓蒙するほう寄りかな。
まあコンセプトが違うけど。

しかし、目白ってこんなシックな街だったんですね。知らなかった。
時間があったらもっと歩きたかったな。

|

« 訪問者と | Main | レクター博士、私も »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/10393524

Listed below are links to weblogs that reference バロックヴァイオリンを聴く:

» バロック [クラッシックの世界]
バロックバロック(仏:baroque)とは、16世紀末から18世紀にかけてヨーロッパ各国に広まった美術・文化の様式である。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、建築、絵画、彫刻などの分野で、動的な造形や、装飾を多用したり、光を効果的に使うなど、劇的な空間を作...... [Read More]

Tracked on 2006.06.06 at 05:34 AM

« 訪問者と | Main | レクター博士、私も »