« 「ハチミツとクローバー」chapter61(ネタバレなし) | Main | 「沖で待つ」 »

2006.05.06

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2006「恋人か女房があればいいが」

ラ・フォル・ジュルネ

パパゲーノ、可愛い奴。
チャーミングで、女ならついくすっと笑って、そして許してしまう奴。

いつもの通りGWはシゴト。
でもなんか悔しくて、一週間前に急にチケットを取る。
モーツァルトでは揺らされないから、とスルーしていた催しなのに。

・・・楽しめた!
屋台村でカクテルを一杯ひっかけてからミニコンサートをいくつか廻る。
丸ビルのピアノ・デュオと、オアゾでの魔笛ハイライト。
特に「魔笛」、短い時間で、ちゃんとエンターテイメントしてて楽しかった。
パパゲーノの萩原潤さんという人。あのスペースできちんと声を響かせて場を創るとは。

夜はケルン室内合唱団・コレギウム・カルトゥシアヌムのモーツァルト宗教曲。
演奏者に比べホールでかすぎ?かと思ったけど、しっかり響く。途中気が遠くなる。

モーツァルト、生誕250年かあ。
今年はシューマンも没後150年なんだけど、埋れてる。
うーん、確かに、生誕と没、どちらかといったら、
今はいないことを悲しむより、この世にその存在が在ったことをこそ祝福したい。

|

« 「ハチミツとクローバー」chapter61(ネタバレなし) | Main | 「沖で待つ」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/9946540

Listed below are links to weblogs that reference ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2006「恋人か女房があればいいが」:

« 「ハチミツとクローバー」chapter61(ネタバレなし) | Main | 「沖で待つ」 »