« 水道みちには桜が散って | Main | 開かれた空間で、そこには »

2006.04.13

「翻弄されているということは、状態として」

一見さんが多くて混んでいる道。
林檎ちゃんのセカンドを聴いてアクセル踏みまくっている。
久しぶりにデッキに入れた「病床パブリック」の部分では、
そーとーぶっとばせる。

・・・春の交通安全週間、捕まらないようにしなければ。

音割れしてるようなエフェクトのドラムだけど、スキなんだよな。
ドラマーという種族もスキ。
食器を行儀悪く叩いているんでも、惚れちゃう。

ああ、何書いてんだか。

木の芽時ってこんなかんじだった?
沈静と興奮と。
稀に無くやばいぐらいの多幸感と切なさ。
ご飯もあんまりいらないかんじ。
ひとり呑みにいって紛らわそうかな。。。

|

« 水道みちには桜が散って | Main | 開かれた空間で、そこには »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/9578173

Listed below are links to weblogs that reference 「翻弄されているということは、状態として」:

« 水道みちには桜が散って | Main | 開かれた空間で、そこには »