« 益子陶器市 | Main | シルヴィ・ギエム最後の「ボレロ」 »

2005.11.06

もしも私が校長先生なら

大変なことになるであろう。
オロナミンCのCM、この回、スキ。

(今見たら、大塚さんからもう見られなくなってて残念)

上戸彩が校長先生で、KAT―TUNの二人を無理やり
応援部として指名し、活動させる。
亀梨君「悔しいけど・・・」
赤西君「めちゃくちゃ楽しいぜ!!」

・・・ええ話や。

からだがこころを変えることって、あるよね。
無理にでもからだを動かすと、こころが変わることが。
子どもだったころは知らなかった、その感覚。
年長者の意見は聞くに越したことはない。

今の密着取材編はいまいちだな~。
あんなにくっつかれたら、絶対ハツラツできないかと。

|

« 益子陶器市 | Main | シルヴィ・ギエム最後の「ボレロ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/6933134

Listed below are links to weblogs that reference もしも私が校長先生なら:

« 益子陶器市 | Main | シルヴィ・ギエム最後の「ボレロ」 »