« もしも私が校長先生なら | Main | 東京国際女子マラソン »

2005.11.19

シルヴィ・ギエム最後の「ボレロ」

ところで、なんで最後なんでしょうか。天才なのに。
追加公演でやっとチケット取れて、ギエム初めて観ました。
19日夜です。

凄いね。凄い。
立ち姿からして凄い。
(自分の中で、かなり「昴」のプリシラとかぶってる)
あり得ないようなバランス。
なんかうまく言えない。
ただ、興奮しちゃう。

私の中で「ボレロ」と言えばやっぱり、
映画「愛と哀しみのボレロ」のジョルジュ・ドンだったけれど、
カンペキに上書きされました。
(生とビデオだからしょうがないけど)

東京バレエ団の男の子たちも良かったです。
日本のバレエ団って、こんなにレベル高くなっていたんですね!
「ギリシャの踊り」、面白かった。

終演後はソフィテル東京で食事&お泊り。
「プロヴァンス」でワインときのこの料理。
フォアグラのプリン(モリーユ風味とやら)がめちゃウマ。
ギエムのボディには永遠になれそうもない。

|

« もしも私が校長先生なら | Main | 東京国際女子マラソン »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/7466078

Listed below are links to weblogs that reference シルヴィ・ギエム最後の「ボレロ」:

« もしも私が校長先生なら | Main | 東京国際女子マラソン »