« それから | Main | 益子陶器市 »

2005.11.03

万国博覧会というもの(2)

楽しかったな~。
結局、お祭りズキなんだろうね。
人とモノが集まる場所にはパワーがあるよ。

万博が愛知に決定した時期には、私はまだ
名古屋にいたのだけれど、その頃から、
開発と環境に対する影響、
場にモノを集めて博覧することに意味があるのか、
みたいな意義が議論されて、されつくしたのか、
実際開催される時期には、なんだか、超えちゃった
いい場になっていたと思う。

西ゲートの入り待ちやタクシーで、ヘビーリピーターさん
たちとも話したのだけれど、ほんと、何かしら、
どの年代にもはまれる要素がある。
私も、愛知にいたらやばかったな?

思ったのは、
行っていない人にはやっぱり楽しさを説明しにくい。
これがいいんだ!と明確に言えるわけではなく、
場の空気を共有する楽しさが大きいというか。

例えば、
ゴンドラで森の上を渡るときのひろがり、
自転車タクシーでうける風、
グローバルループやバイオラングを歩いていて、
ミストを浴びるだけで、幸せ感があった、、、

、、、なんて、万博狂みたいで
よう口にしない。(って、書いてるけど)

それでも、私の目的は「咲きほこる伝統」であった。
(つづく、、、かな)

p050911_1322.jpg

|

« それから | Main | 益子陶器市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/6882533

Listed below are links to weblogs that reference 万国博覧会というもの(2):

« それから | Main | 益子陶器市 »