« October 2005 | Main | December 2005 »

2005.11.20

東京国際女子マラソン

初めて見る国際マラソン。東京国際女子マラソン
前日のシルヴィ・ギエムの余韻も覚めやらぬまま(後述)、
沿道へ。

選んだポイントは新橋(11~12キロ)と市ヶ谷(39キロ)。
新橋ではモスバーガーが沿道に向けて大きいテレビで
レースを流してくれていた。
規制パトカーが走り、ばばばばばとヘリの音が聞こえたと思ったら
あっという間に走っていく第一集団。

その後しばらく応援して、市ヶ谷へ移動。
黄色いウインドブレーカーを着たおじさんたちに観戦ポイントを
聞きながら、四ツ谷方面へ歩き場所キープ。
「あの坂」というやつ。

よその人のラジオに耳を傾けながら、スパートしたという
高橋尚子さんをじりじり待つ。
わあーという歓声の中、トップで高橋尚子さん。
しっかりした足取り、しっかりした息遣いも聞こえた。

・・・何か泣けましたね。
何でかわからないけど。

あの足取り、呼吸。後続集団との距離。
あの坂では、「ああ、よかったあ」という空気が流れました。

いや、私たちにはトップランナーの凄さとか孤独とか
判ったつもりで全然判ってないんだろうけど、
苦しさとか挫折の辛さとかぐるぐるは判るからさ。
勝手に共感してますって。

あの肉離れ情報も、テキを緩ます情報戦の一環だったのかな?
と思われる力強い走り。

本当におめでとう、高橋尚子選手。


また観に行く時のための追記:
観戦には警視庁ホームページの交通規制のお知らせPDFが
いちばん使えました。
日本陸上競技連盟の地図にのってるプロフィール(高低図)
も参考に。

p051120_1346.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.19

シルヴィ・ギエム最後の「ボレロ」

ところで、なんで最後なんでしょうか。天才なのに。
追加公演でやっとチケット取れて、ギエム初めて観ました。
19日夜です。

凄いね。凄い。
立ち姿からして凄い。
(自分の中で、かなり「昴」のプリシラとかぶってる)
あり得ないようなバランス。
なんかうまく言えない。
ただ、興奮しちゃう。

私の中で「ボレロ」と言えばやっぱり、
映画「愛と哀しみのボレロ」のジョルジュ・ドンだったけれど、
カンペキに上書きされました。
(生とビデオだからしょうがないけど)

東京バレエ団の男の子たちも良かったです。
日本のバレエ団って、こんなにレベル高くなっていたんですね!
「ギリシャの踊り」、面白かった。

終演後はソフィテル東京で食事&お泊り。
「プロヴァンス」でワインときのこの料理。
フォアグラのプリン(モリーユ風味とやら)がめちゃウマ。
ギエムのボディには永遠になれそうもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.06

もしも私が校長先生なら

大変なことになるであろう。
オロナミンCのCM、この回、スキ。

(今見たら、大塚さんからもう見られなくなってて残念)

上戸彩が校長先生で、KAT―TUNの二人を無理やり
応援部として指名し、活動させる。
亀梨君「悔しいけど・・・」
赤西君「めちゃくちゃ楽しいぜ!!」

・・・ええ話や。

からだがこころを変えることって、あるよね。
無理にでもからだを動かすと、こころが変わることが。
子どもだったころは知らなかった、その感覚。
年長者の意見は聞くに越したことはない。

今の密着取材編はいまいちだな~。
あんなにくっつかれたら、絶対ハツラツできないかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.05

益子陶器市

p051105_1354.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.11.03

万国博覧会というもの(2)

楽しかったな~。
結局、お祭りズキなんだろうね。
人とモノが集まる場所にはパワーがあるよ。

万博が愛知に決定した時期には、私はまだ
名古屋にいたのだけれど、その頃から、
開発と環境に対する影響、
場にモノを集めて博覧することに意味があるのか、
みたいな意義が議論されて、されつくしたのか、
実際開催される時期には、なんだか、超えちゃった
いい場になっていたと思う。

西ゲートの入り待ちやタクシーで、ヘビーリピーターさん
たちとも話したのだけれど、ほんと、何かしら、
どの年代にもはまれる要素がある。
私も、愛知にいたらやばかったな?

思ったのは、
行っていない人にはやっぱり楽しさを説明しにくい。
これがいいんだ!と明確に言えるわけではなく、
場の空気を共有する楽しさが大きいというか。

例えば、
ゴンドラで森の上を渡るときのひろがり、
自転車タクシーでうける風、
グローバルループやバイオラングを歩いていて、
ミストを浴びるだけで、幸せ感があった、、、

、、、なんて、万博狂みたいで
よう口にしない。(って、書いてるけど)

それでも、私の目的は「咲きほこる伝統」であった。
(つづく、、、かな)

p050911_1322.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »