« September 2005 | Main | November 2005 »

2005.10.24

それから

 
 
 
この、寒くなっていくかんじが思い出させる。
でも、しょうがない。
ずっと抱えていくしかないよね。

金木犀の香り
寒くなっていく感じ
ミスチルの桜井さんの声
モノクロの写真
プレジャーズ
気まぐれな葉書

それから、
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.23

「Dive in the Sky」

JAXAの特別公開へ。
プラネテスの歌を歌いながら。
野口さん「宇宙は何でできたんですか」と訊かれて
一瞬絶句。いいもん見れた。

p051023_1612.jpg

追記:
アニメの方はつい最近イッキ見したのだけど、
凄いクオリティだよ~。びっくり。
うーーーん、いろいろ語れそう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.19

「いまどき「アエラを読む女」研究」

いや、いいね、豊崎由美さん。完全共感だよ。
週刊文春10/20号です。

「頭ん中がカタカナ仮名の女子の呟きでパンパンに
 なっちゃった」
「女性向け記事の大半が、取材対象が発した私見で
 締められてんだもの。」

アエラは実は、私のおやぢ雑誌ウオッチング、
立ち読みザッピングする雑誌の一つだが、
3年ぐらい前から同じような違和感を感じていたな。

どのタイミングかわからないけど、そのあたりから
女性読者を意識した記事が多くなって。
でも中身はオヤジ。
はっきり言い切った豊崎さんにざぶとん5枚。

今回の「ウマネーゼ」もね、、、そのネーミングがねー。
オヤジ趣味以外の何者でもない、つーか。

って見ると、私の「アエラ」の読みとして、
今の私から見るとズレテル感じなんだけど、
世間はこんな感じで女性を見てるのねー、という
指針に使う、というのは、あながち間違いではないのか。

てか、週刊誌として見た時、アエラより、
今週の週刊ポストの方が読み応えあったし。
でも見捨てない。
万博のマイペーパーは嬉しかったし、
新聞は朝日だよ(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.15

宗次郎さんのオカリナ

平沢遺跡にてコンサート。
一発で惚れました〜(m~-~)m

p051015_1732.jpg

追記:
オカリナってすごく素直な音で、、、沁みるね。
今、CD「Ocarina Wind Family」を寝しなに聴いています。
すごく良い。
ショパンコンクールをネットで聴くのも楽しいけど、
こっちの方がよく眠れる。(当たり前?)

喜多郎さんと見分けがつかないなんて言って、ごめん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.02

ユンディ・リのテンポは

ユンディ・リ@サントリーホールを聴きに行ってきた。
スキな曲、シューマン「謝肉祭」を演るからだ。

最初は、彼の風貌とかについても(キムタクに似てると噂)、
ふーんって感じだったけど、終わるころにはすっかり
「ユン様」って感じに目がハートになってしまったのは不覚。
そういえば、会場は冬ソナ世代とかなりかぶっていたような?

ところどころ、私の耳からはテンポどりが不思議なところ、
あれって思うところもあるのだが、それも僕の解釈さーと
突っ切っていく感じ、若くて良い。
シューマンはこの人に合ってたな。出だしでときめきました。
この出だしで、あれっとなる場合もあるからね。

アンコール3曲のうち、「タランテラ」、意外で良かったよ。
他の2曲は初めて聴いたけど、ああいうお国の音楽を聴くと、
何かほのぼのして、批評精神(いじわる精神?)が薄れるね。

いやいや、なかなか良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »