« August 2005 | Main | October 2005 »

2005.09.25

「チャーリーとチョコレート工場」(ちょっとネタバレあり)

・・・最高!
「チャーリーとチョコレート工場」

あの、最初の工場のところから泣いてるんですけど・・・
心のひだにハマリすぎです。

元が児童文学だけど、教訓ぽいっところが教訓ぽくならず
エンターテイメントに仕上がっているところも見事。
文句なしの今年イチオシ。

チャーリーのほかにチケットを手にした4人の子供の嫌さ加減が、
現代人の私たちにどきっとするところもあり。
(自分的には、上昇志向の金髪ボブちゃんにどき)

オトナとしては、
ウォンカの最後のいいぶんもわかるよな~・・・

---

児童文学、やっぱ、きてますなあ。
私も、「アーサー王とあった男」を読みたくて、
大枚はたいてしまったもの。
岩崎書店「SF名作コレクション」。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2005.09.23

「boobies」

インバル・ピント・カンパニーの「ブービーズ」@つくばカピオ。
相変わらずのカイシャ帰りの滑り込み。
世間的には三連休の前日ということらしいが(涙)

イスラエルのダンスカンパニーというと、数年前に見た
「キブツ・コンテンポラリー・ダンス・カンパニー」が、
非常にインパクトがあり面白かったので、これもかなり
期待して足を運んだ。
・・・一言で言うと、「キモかわいい」!舞台。

アフタートークで、
「いろんな部族のようなイメージ。スキに観てくれたらいいんだ」
というようなことを言っていたと思うけど、ほんと、
解釈というよりは、うん、
舞台を「絵」として切り取ったときのビジュアルの完成度の高さ、
2~3人の関係の中でのムーブメントが、
すごく面白かった。
(もちろん、集団でのリズムの中でのダンスの美しさもあるけど)

私的には、
リズムーリズムを繋ぐ場のメロディで、登場人物が台車?で横切って行き、
背後の月がゴーッと動く感じ、
あれには鳥肌が立った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.10

万国博覧会というもの(1)

9月にこんなに混むとは、、、完全に読み違えました。
それでも行ってきました「愛・地球博」。

万博突撃の前日、久しぶりの帰省で親族食事会。
大阪万博の話を振ったら案外盛り上がる。
(兄嫁と私は同じ大阪万博の年生まれ)

「あのころは、万博行かないと完全に時代に
 乗り遅れるって感じだった(うちのチチ)」
とか、
「妊娠五ヶ月だったけどがんばった(うちのハハ)」
とか、驚きの発言が。
だから万博行かなきゃって刷り込まれたのかも、自分よ。

今回はそういう「時代」とかいうムーブメントじゃないよね。

今回の万博で感じたのは、
「気力、体力、時の運」というアメリカ横断ウルトラクイズのような
スピリット。(ネット予約や開幕ダッシュ)
「楽しむための努力をした者がより楽しめる」
という、平等なんだか不平等なんだかよく分からない格差・・・

ネットやケータイを活用できる、できないの情報格差の面も
確かにあったけれど、今回は「それに割ける時間」
の多寡が、場の楽しみ方に大きく影響していたと思う。

次に日本でやる万国博覧会の時は、どんな感じなんだろう?
m-floの「EXPO EXPO」(名盤だよ)みたいな感じかな?
そして私やみんなはどうしてるだろう?

(万博の感想書いてないので、たぶん続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »