« 「ネルソン・フレイレ」オールショパンプログラム | Main | ギメルストフ、ウインブルドン »

2005.06.29

「anego」原作と脚本の違いをどう見るか

しかし、あそこまで変えて良いんでしょうか、「anego」
まあ、ナンだかんだいって観ていたケド。
ドラマも終わって時効になったと思うので、思ったことをメモメモ・・・

話が進むにつれて、私は林真理子氏の小説、
「ロストワールド」を思い出していたな。
主人公が脚本家。視聴率や評判で、話をどんどん変えざるを得ない脚本家の話。
「視聴率のために魂を削る」みたいな台詞があったような。
今回は、それに近い状況があったんだろうね。

実は、始めキャスティング見た時、
「え、ともさかと篠原とどっちが奈央子役?」と思ったぐらい。
どっちもキレ役うまそうだから。
でも、だんだんはまってきたよね。

ともさかズキの私は、原作の超怖い絵里子役を演じる
ともさかも見たかった、というのもありますが。

それにしても、原作と脚本で「選んだ男が違う!」というのは、
大いに、絵にした時のビジュアル面の影響があるよね。
沢木ダンナ役が、時任や上川やきっぺいさんだったら、
まだ赤西君という若手とタイマンはって負けないかも、と
思ったりしました。

話としては、これは設定だけ借りた別物の話になったよね。
原作は、「生まれ持った性分は、損とか得とか恋愛を超えて
自分についてまわるよ、でもしょうがないんだanegoだもん」
という話。ドラマの方は「結婚へのこだわり」が前面に出ていて、
そこは何か違うんじゃないかなー?と違和感。

(林氏がスキなので、身贔屓があることをお許しください)

|

« 「ネルソン・フレイレ」オールショパンプログラム | Main | ギメルストフ、ウインブルドン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/4765211

Listed below are links to weblogs that reference 「anego」原作と脚本の違いをどう見るか:

« 「ネルソン・フレイレ」オールショパンプログラム | Main | ギメルストフ、ウインブルドン »