« September 2004 | Main | November 2004 »

2004.10.25

「ヒストリエ」

岩明均。
久しぶりにオビを見てつかみ買い。
作家名、アレクサンドロス大王の時代、デビュー前からあたためていた、、、って
ここまで畳みかけられちゃ、もう買うしかないでしょう!

この作家さんは「寄生獣」ぐらいしか読んだことないのに
語るのはアレなんですが、何がスキかって、
描写される主人公の性格、矛盾を抱えつつ、
なおかつ、こう進むしかないんだ!みたいな、
決断の男っぽさがいいんだよね。

そう、「ジレンマ」を描かせると巧いよね。
「寄生獣」の、人にも寄生獣にもなりきれないジレンマ。
「ヒストリエ」の、差別の構造にはまりきれないジレンマ。

あと、「無常」ね。
差別がある無常。
人が、さくっと切れてしまう無常。
無常を描きつつ、それでも前に行くんだという希望も
ほのみえる作家さんだという気がしてる。

続刊が楽しみです。

と、ここまで書いてblog散歩するとamanさんが当然のように紹介。
うーん、ツボが似てる?!

| | Comments (5) | TrackBack (4)

2004.10.24

Time after time

友達Nの結婚式でじーん。
なぜかシンディローバーの曲が頭をよぎったりして。
末永くお幸せに^ー^)人(^ー^p041024_1008.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.10.19

「黒革の手帖」

「黒革の手帖」。けっこうスキな世界かも。
さすが松本清張というべきか、脚本の勝利か。
米倉涼子さんは、別に興味のない女優さんだったけど、
クロいものというか灰色いものを抱える銀行員姿が
うまくて、その後の変身に必然を感じたよね。よかったよ。

女性のバトルものは燃えるよね~。
「シカゴ」しかり、「プライド」(まんがの方ね)しかり。

今秋は、いちおう「ラストクリスマス」とこれを見るかな~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.10.17

西光寺

関東の清水寺だって。p041017_1341.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.02

土浦花火大会

p041002_1852.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »