« 睡蓮の庭 | Main | おふろの友狼少女ラン »

2004.06.06

敗軍の将、兵を語る「高遠菜穂子氏」

日経ビジネス6月7日号を読む。
何故か、マックのビッグマック(資本主義の華・・・)を食べながら泣けてきた。

この記事。
現場で直に感じた負の連鎖の恐ろしさ、
安全な立場にあくまで立とうとする役人の汚らしさ、
憲法第9条の「対話による紛争解決」って、こう思う、
ということまで語られており、深い。

実は、今回の事件で、叩かれてはしまったれれど、
この人はすごいバリューを持ったなあ、
自分では気づいていないのかしら?活用しないのかな?と
幾分ナナメに見ていた部分もあったのだが、
そんなのはふっとばす、生き様と語り。
ひそかに応援したい。

気づけば同い年なんだよね。学年では私の方が1こ下だけど。

今回の日経は、女子バレーボールの柳本監督のインタビューや、
春に遊びに行った宮崎シーガイアの話があって面白かったな。
久しぶりにじっくり読んだよ。

|

« 睡蓮の庭 | Main | おふろの友狼少女ラン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9635/723368

Listed below are links to weblogs that reference 敗軍の将、兵を語る「高遠菜穂子氏」:

« 睡蓮の庭 | Main | おふろの友狼少女ラン »