« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.29

網野善彦氏、阿部謹也氏、そして中沢新一氏

昨日、日経新聞で網野善彦氏の訃報を知る。

驚いたが、「そういえば最近新著を目にすることがなかった・・・」
と思い至る。
自分が最近その分野から遠ざかっていたというのもあるけど。

卒論は、というか大学時代は、
かなり影響を受けた思想家のひとりだ。
この人の「無縁・苦界・楽」や「異形の王権」を拝読して、
絵巻物分析も卒論に取り入れたのだもの。
阿部謹也氏の著書にもかなり影響を受けた。

彼らの著作も、今は平凡社文庫などで結構
安く手に入るようになって、
学術書もデフレ傾向で、今の学生をうらやましく思う。

例のオウム裁判で中沢新一氏のコメントを見かけないのも、
おじが大変だったからかな、、、?
なんて、うがった見方?
もう沈黙することに決めたんだっけ?

オウムの後、中沢新一氏が叩かれていて、彼の思考そのものも
否定されているような報道は見るに忍びなかったが、
去年か、講談社メチエなどを拝読して、中沢氏の復活を
感じられたのは嬉しかった。
年初には、週刊誌の連載エッセイも見かけたような
気がするけれども、どこでだったかしらん。

いろいろ連想が飛んでしまった。
久しぶりに「異形の王権」読み直してみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.22

バカンスは終わり いん 羽田

自分の関わっていたプロジェクトも一段落し、
旦那も休みが取れたので、宮崎へ
骨休めに行ってました。
ふーっ。お休みも終わり。
明日からもがんばらねば。。。

p040220_0706.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.20

今から巨人の紅白戦 いん 宮崎

こっちはすごい人出!

p040220_1228.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハーフタイム いん 宮崎

ハーフタイム、監督より注意をうけています。

p040220_1029.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鹿島アントラーズ練習試合中 いん 宮崎

本田ロックと戦っています。
p040220_0951.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.16

RENT!

ブロードウェイミュージカル「RENT!」を観てきた。
バレンタインの夜で、さすがにカップル率が高く。

ほとんどストーリーについて真っ白なまま観た。
歌は凄いし楽しめた、、、けど、、、お話、特にラスト
ご都合主義にカラダがなじまず・・・

バレエとかの方がよっぽどご都合主義なんだけどねー。
その世界に漬かりきれなかったのかな?
歌よりカラダの動きフェチだからかな?
英語が聞き取れなかったことが敗因かも?

最近、自分の気分がぬるま湯だから、
切羽詰まったところで精一杯生きていく、という切実感や、
気分的にダウナーになって自分をつきつめていく感じとか、
ちょっと共感しづらい世界だったかも。
「CHICAGO」みたいな、悪でも前向き、、、ってのは
かなりスキな世界なんだけど。

でも、ミミのソロ「アウト・トゥナイト」にはマジヤラレタ。
超かっこいい。惚れたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.15

携帯o(^o^)o

となりんちのブラちゃん。 不良娘で、昨日はうちに泊まっていったの。p040215_2236.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.05

エースをねらえ!

コンビニ版の「エースをねらえ!」に昨日より夢中。
へとへとの夜のおふろの友。
通しで読むのは初めてなの。

今日、ドラマを見たけど、上戸彩チャンには、あんな漫画版のような
葛藤とか、人間的深みを増していくとか、
上に立つもののプライドと孤独とか、表せなさそうな。
何か、一人で、その道で、立っていく目じゃないんだよね。
若いからねーーー。

気づいた。
やっぱ根性モノ好きだーーー。
バレエとかスポーツとか体を使うやつ。
で、ベストをつくしてトップになっていくっての。

ナンバー1よりオンリー1でいいとかいう価値観が嫌いなのと
関係してるかな。
結構、非道いかな?
だって、それって逃げでしょう?

じゃあ自分はナンバー1を目指しているかというと
それはないけどね(汗)
自分には甘いから、オンリー1で良いの(大汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.01

埃にまぎれて

ハハオヤの手術がらみで実家に戻っていた。
手術の日は、とても寒く、風の強い埃っぽく晴れた日。
空を見上げると、自衛隊機が低空飛行していた。

夜のニュースでは、
「小牧空港から自衛隊がサマワへ出発しました」
って。

許した記憶もないのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »