« December 2003 | Main | February 2004 »

2004.01.19

眠れないとき

ジョン・ルイス(JOHN LEWIS)はいいよ。
大掃除したら出てきた逸品。
いや、もともとはおにーちゃんから借りてたんだった・・・
(そしてそのままつくばへ・・・?)

一人暮らしの時も良く聴いてたな。
すごく良く眠れるの。

眠れない人にはオススメ。
そんな夜もあるよね。

J. S. Bach Preludes and Fugues Vo. 4
(VOL.4がいいよ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.18

年賀状哀歌

あー年賀状当たらなかった。
ドベ等の切手のやつのみ(それも1枚!)

私は、いつも年賀状を3パターン作っている。
トモダチ用の「完全お遊び系」、
あまり会ってないトモダチ用およびシゴト用の「近況報告編」、
親戚用の「夫婦うまくやってます編」です。
(旦那は親戚用を流用して使ってる)

本家のホームページのトップのおサルさんの話は、
お遊び系に入れた小話。
気に入ったので、ホームページにものっけた。

差出人名は、「夫婦うまくやってます編」のみ連名だ。
私のトモダチに出すのに、旦那の名を入れる必要はないやね。
「夫婦うまくやってます編」以外は、旦那の写真も入れない。

ひとからもらう年賀状は、コドモもダンナも見るのは楽しいけど、
トモダチのコドモだけとかはいやかな。
私が年賀状を出したのは「あなた」ですっ!って感じで。
個人主義すぎなのかなーーー。
いっしょにトモダチとかも写っていれば、いいんだけど。

年賀状作るのはけっこうスキ。
時間さえあれば。
その時間がないんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.05

こんにちは、バブルの香り

社会人になって、香水をマメにつけていた時期があった。
今は全然。
お出かけの時とかに、アユーラの「スピリットオブアユーラ」や
ブルガリの「オ・パフメ」などのまったり系を、
気分によってつけるくらい。

でも、この間デパートをふらふらしてて「ビヨンド パラダイス」を
チェックしようとエスティのコーナーに寄ったら、
「ビューティフル」が目についた。
就職した頃つけていた、私にとってのバブルの香り。

この香りは、ちょっとうるさいほど女っぽい。
今は、シアーなんてのが出てるみたいだけど・・・
懐かしさに負けて、つい昔の香水を引っ張り出し、
年末のお出かけの時の香りとなった。

さらにおととい帰省の時、名古屋タカシマヤで
人ごみにもまれていたら、
イヴ・サンローランの「リヴ・ゴーシュ」が目に入る。

リバイバルしてたのね!

これも凝ってた時期、欲しかったけど、海外に行く父に頼んだら、
「オビューム」になって戻ってきたのだったな。。。
と、つい昔を回顧。

お試ししてみる。

「リヴ・ゴーシュ」の方は思ったよりさっばりしすぎだったけど、
オム(メンズ)の方がつぼに入り、購入。

びんを眺めているだけで嬉しい。
本当は70年代のヒット香水のリバイバルらしいけれど、
私にとっては、バブルの香り。
新しい香水なのに、昔の何かを連れてきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.04

胃が重くて

あー胃が重い。
愛の重さってやつだよね。
帰省の時に出される食べ物は、愛の量とやっぱり
正比例するのではないだろーか?

お正月は、富山から名古屋、そしてつくばへとんぼ帰りで
今日からシゴト。(へとっ)
富山(旦那側)の海の幸も捨てがたいけど、
名古屋でのいけてる女ともだちとの食事もいちばんのご馳走かも。
職業柄おばさんトークにばかり慣らされてるからね・・・

そういえば、この帰省の時、友達三人でお墓参りに行ったんだけど、
友人Nの運転がめちゃめちゃ方向音痴で、帰れなくて、
もう一度お墓にもどりそうになったときはマジ呼ばれてるかと思ったよ。
もうちょっと待っててやー。

それにしても体が重い。やばい。
粗食weekにしたいけど、今週忙しいんだよね。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビバ帰省

いやー名古屋最高!
遊んでくれた皆様、ありがとうございました。

明日(もう今日か)、シゴトだよ・・・ちょっとぶるん。
とり急ぎ御礼まで。

帰省の移動中、いっぱい本が読めました。メモメモ・・・

「Rie’s HIGH!」長谷川理恵
「大使夫人」横井弘海
「エコロジカルな経済学」倉坂秀史

長谷川理恵のは、、、ばかにしてたけどけっこうよかった。
体動かしたくなった。←重要
「エコ」は最近うといから、ブラッシュアップしようと。
私的には難読書やったね。

「自分マーケティング!」野口吉昭はまだ読了せず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2003 | Main | February 2004 »